妊婦の手足口病 胎児への影響、症状

Sponsored Link

妊婦

 

赤ちゃんがお腹にいる妊婦さんが手足口病に罹ってしまった時に関する記事です。

胎児への影響がとても心配になりますよね。

 

でも大丈夫です。安心してください。

妊婦の手足口病が胎児に影響を及ぼす医学的根拠、多数の症例の報告、公式発表などはありません。

 

妊婦の手足口病の症状

普通に大人が手足口病にかかった場合と同じです。特別な症状はありません。

熱が出るかもしれませんが、痛くてつらい口内炎、手足の発疹(水疱)の症状が一般的です。

妊婦のかたは、痛み止めの薬を飲むことが出来ないと思いますので苦しまれる方も多いです。

妊婦だからといって手足口病にかかりやすかったり、かかりにくかったり、ということはありません。

 

妊婦の手足口病について気をつけること

手洗い・うがいをマメに行うことで予防することが出来ます。

可能な限り、手足口病にかかっている子どもには接触しないようにしましょう。ご自分の子供が罹ってしまった場合はなかなか難しいと思いますが。

おむつ交換、子供のトイレのお世話のあとの手洗いは石鹸をつけることも合わせて徹底しましょう。

いずれにせよ、もしかかってしまったら、かかりつけの産婦人科に相談しましょう。

 

妊婦から胎児への感染について

胎児への影響は心配ないと書きましたが、感染するケースがあります。

胎盤を通してお腹の中の赤ちゃんに感染することは基本的にはありませんが、出生時、出産後に感染することがあります。

新生児に感染してしまった場合も基本は問題ありません(軽症ですみます)。稀に合併症を引き起こす可能性もあるので、手足口病にかかっている場合は、必ずかかりつけの産科医、助産師さんに伝えるようにしてください。

妊婦から胎児への感染において手足口病は大きな問題とはなりませんが、トキソプラズマや風疹、単純ヘルペスなどは胎児への影響が心配な感染症の代表例です。

 

胎児への影響が示唆されたケース

少数の症例報告があります。

それは、流産や胎児異常が手足口病(エンテロウィルス感染症)により引き起こされたのではないかということを示唆する報告があるようです。胎児の死亡なども本当に極少数の報告があります。

ただし、それらの報告には明らかな根拠、関連性は認められていません。

 

終わりに、妊婦の手足口病がお腹の赤ちゃんに影響することは基本的にはないと考えてよいです。安心しましょう。

しかし、出産後の感染はリスクが有りますので、常に手洗いなど衛生面に気をつけて新生児と接するように心がけましょう。

 

>>> 手足口病と母乳 飲まないけどまた復活する? 授乳中赤ちゃんにうつる?

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ