手足口病の登園許可、出席停止について 保育園・幼稚園に行く目安

Sponsored Link

手足口病 保育園 幼稚園

 

手足口病にかかった際に、保育園、幼稚園、小学校、中学校となんであれ、いつから登園、出席させてよいかどうかの目安は悩ましい問題ですよね。医師や学校によっても方針や考え方が統一されていないのがその原因です。大人(社会人)の出社可否も同じことです。

インフルエンザやおたふくかぜであれば文部科学省により出席停止の条件や期間が定められているので明確ですが、手足口病やヘルパンギーナはそこに明確な基準がありません。

なぜ明確な基準がなく、医師や学校、保育園・幼稚園によって方針が違うのでしょうか。

 

登園許可、出席停止の基準がない理由は?

わかりやすく書くとこういうことです。

  • 比較的、症状がめちゃくちゃ悲惨なわけではない(当事者はつらいんですけどね・・・)
    • 医者によっては、手足口病は夏風邪の1つだし、風邪みたいなもんだろ?という考え
    • 悪化するリスクが少ない(合併症の可能性はあるが、恐れるようなリスクではないという考え)
  • 原因ウィルスの残存・感染期間が長過ぎる(1ヶ月程度)
    • 1ヶ月も休ませたら不都合がおき過ぎる(その割に得られるメリットが少ない)

 

これは手足口病を軽く考える人の考え方です。

その一方で、重く受け止める人もいます。

  • 人にうつす可能性がある
  • うつると生活に支障が出るレベル
  • 熱が出るので、発熱している数日は正常に生活をおくることが難しい
  • 大人にうつり会社を休むことになるとなお大変である
  • 会社の仲間に感染させるとビジネス上でも問題になってしまうかもしれない(稼ぎが減る)

このリスクを考えると、人にうつる可能性がある間は、他人との接触は可能な限り避けるべきという考え方がうまれます。

どちらも正しいといえば正しいので、間違いではありません。

価値観、考え方に依存してしまうため、国としても統一の基準を出すことはせずに、個々人、学校施設に委ねているのが実情です。

 

—> 手足口病の潜伏期間・感染期間 いつまでうつるか <—

コチラ(上記リンク先)の記事にも書きましたが、うつる期間が1ヶ月と長いのがまた問題なのです。

 

登園、出席、出社はいつから可能?

これまで書いたとおり、考え方に依存してしまいます。

考え方のパターンを整理すると、

  • 感染期間が強いと言われる初期段階だけは休む、登園させない
    • 発疹が出てくればもう感染力は弱いという人もいます。
    • ただし、見た目的に明らかに手足口病なので周りの目も気になりますね
  • 医師がOKを出したら出席する、登園させる
    • 医師は熱が下がればOKという医師もいますし、水疱が綺麗になくなってからOKを出す医師もいます
    • 医者が問題無いと言ったので、、、という言い訳も成り立ちます。。。
  • 症状が消える10日~2週間経過すればもうOKとする
    • 糞口感染は諦める、可能性は低いだろうという考え
  • 1ヶ月間家にいて、ウィルスが消滅するのを待つ
    • 完璧にリスクを排除する考えですが、ここまでする人はあまりいないと思います

というようなケースがありますね。

 

人にうつしたくないという気持ち、周りからどう見られるだろうという世間体、などいろいろな感情が関係してくるので、手足口病は難しいのですね。気にしない人もいるし、気にする人もいるので、自分の価値観で行動するしか無いと思うのです。

ご両親が働いている保育園のケースだと本当に悩まれる両親が多いと思います。諦めて子どもと過ごすのも1つの方法です。治りかけは元気なので、意外に思いっきり遊ぶことができます。しかし、久しぶりに子供と濃い時間を過ごすことが出来て良かったという報告もありました。手足口病の症状が消えるまでの1週間程度、子供を登園させなかったようです。

 

大人、社会人の出社可否は?

基本的には子供と同じです。

よりありがちなノロやロタウィルスによる急性胃腸炎について、社会人を例にとって考えてみましょう。

発熱、嘔吐が続く間は出社したくても出社できないので、3日間位は強制的に休まざるをえないですね。症状が改善したあとは、あとは排泄物による感染を気にするのみです。ノロ・ロタは完治後も1週間程度はウィルスが残ります。

とはいえ、その間ずっと会社を休めるかというと、現実的ではないですよね。

マスクをする、可能な限り会社のトイレで排泄は行わない、ということを注意して、通常通り出社すると思います。

手足口病の場合も、これと同じ感覚で出社可否を考えるのかなと思います。

子供の登園、学校出席についても、これと似たような考えを持ってる人がネットを見てみると多いのかなと思いました。つまり、症状(発熱、水疱が出ている状態)がなくなるまでは休み、見た目には普通になってから登園・学校への登校を許可するという考え方です。

 

学校、幼稚園・保育園によっては基準を決めているところも多いので、事前もしくはかかってからでも学校・先生に確認するようにしましょう。最近は毎年手足口病が流行している気がするので、何らかの基準を作っているところが増えているでしょうね。

 

実際に手足口病にかかり、それが家族にかかり、そして友人関係のもつれまで発展したケースもあります・・・

>>> 手足口病体験1 子供のスイミング教室のプールから感染 1人目

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ