手足口病を英語で説明するには

Sponsored Link

手足口病 英語

 

手足口病を英語で書くと、

hand, foot and mouth disease

となります。

まさに、そのまんま!です。

略して、全て大文字にして、

HFMD

と表記されることもあります。

 

ちなみに、口内炎は canker sore (ケンカーソア)と言います。

手や足に出来る水疱は、blister (ブリスター)や vesicle  (ベセィクルゥ ちょっと書きにくい。。)と言います。

発疹のことは rash (ラァシュ) と書きます。

発熱があるときは、I have had a fever.  や I have a fever (フィーバー). で伝わるはずです。高熱の場合は、 high fever と言いましょう。

39度の熱があるときは、 I have a fever of 39 (thirty nine) degrees. です。

 

もし英語で手足口病を説明する必要があれば、上に出てきた単語を言えば、きっと伝わると思います。

海外で生活をはじめて、海外生活になれない時に医師に相談するときなどくらいしか利用シーンが思い浮かばないですけど。。

知っておいて損はないですが、なるべく使いたくはないですが。。

以上、手足口病を英語で書くとこうなります、という説明でした。

 

実際に手足口病にかかり、それが家族にかかり、そして友人関係のもつれまで発展したケースもあります・・・

>>> 手足口病体験1 子供のスイミング教室のプールから感染 1人目

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ