手足口病の市販薬(子供・大人用) 手足のかゆみの塗り薬・解熱剤

Sponsored Link

手足口病 塗り薬 市販 大人 子供

手足口病の治療薬についてです。

市販薬の塗り薬や解熱剤で、辛い手足口病の症状(手足のかゆみ、口の痛み、発熱)に耐えるための助けとなるものを紹介します。

他の記事でも書いている通り、手足口病の原因ウィルスを退治する薬はありませんので、かゆみには痒み止め、発熱や痛みには解熱鎮痛剤で対処する他ありません。

医師に相談しても、処方されるものは市販薬に比較的近いものが出るのではないでしょうか。大人なら皮膚科や内科など、子供なら小児科に相談するのが良いでしょう。

手足口病は時間とともに症状が緩和されていくのが通常なので、必須で市販薬を購入する必要はありませんが、少しでも軽くしたい場合には良いと思います。怖い方は医師に相談されるのが良いでしょう。

 

手足口病の痒み止めの市販薬

痒み止めということで抗ヒスタミン剤、ステロイド剤が候補になります。

ステロイドのほうが強力です。ステロイドに関しては副作用を気にされる人もいるかもしれません。強さの段階についても記載します。

抗ヒスタミンは花粉症やアレルギーの錠剤にあるアレグラなどが想像しやすいと思います。

 

非ステロイド系、抗ヒスタミンの塗り薬

ステロイド系は避けたい、弱めのかゆみ止め塗り薬です。

 ステロイド系の塗り薬

処方される薬の代表例をあげます。

  • 強い
    • デルモベート
  • 中位
    • リンデロンVG
  • 弱い
    • キンダベート
    • ロコイド

ステロイド剤については、個人的には医師の処方をもとに使うのが良いと思います。段階がありますし、市販のどれを使えばよいかは判断に迷うところがあります。

でも買うことも可能です。

コチラがステロイドを含む市販の塗り薬です。

手足口病 解熱鎮痛剤 ランキング

痛みや熱をさげるための薬は、最近はロキソニンなど選択の幅が広がっていますね。

知名度、口コミなどからランキング形式で市販薬を上げていきます。

 

1. ロキソニン

一気に有名になりましたね。効果が高いという人が本当に多く、ファン化しています。

2. イブ

個人的にはこれが効きやすいので愛用しています。効きが良いように思えます、個人差ありそうですが・・・。

3. バファリン

昔からある定番ですね。お世話になりました。

小児用もあります。

解熱鎮痛剤も医師の処方薬があります。

症状が重く不安な方、特に子供は小児科に相談に行くのが良いと思います。

特に夏の風邪は、手足口病だと思っても、実は違った、ということがないとも言えないので。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

One Response to “手足口病の市販薬(子供・大人用) 手足のかゆみの塗り薬・解熱剤”

  1. こけママ より:

    ステロイド剤は手足口病の発疹にはぬってはいけないそうです。手足口病のウイルスを増殖してしまうからだそうです。記事の変更をした方が良いと思われます、

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ