中国で手足口病が流行(2014年春)してるようです EV71の猛威

Sponsored Link

手足口病に関するニュースは定期的にチェックするようにしているのですが、中国で今年も手足口病が猛威をふるい、流行しているというニュースがありました。昨年にひき続きなのですが、今年はEV71(エンテロウィルス)が多いようで、非常に危険な年になっているように思えます。

いくつかのウィルスの中でも、EV71の手足口病が流行るときは本当に危険です。

⇛⇛⇛ 手足口病の合併症 その兆候・サインとは

上記記事でも、そのことについてを書いています。

 

春から6-8月にかけて手足口病は流行しますが、中国のニュースを聞いて、話題になるのが早いなという印象を受けました。状況が深刻なことがその理由だとは思いますが、日本ではまだそのニュースは今年聞いていません。東京にいる限り、感染源となるプールに入ろうという気にはまだちょっとならない気温ですしね。

中国だとなぜここまで深刻になるかという考察ですが、単純に考えが至る通り、やはり医療の充実が鍵になっているのではないかと思っています(素人的推測ですみません。。)。軽度の手足口病であれば、基本的には治療が不要であり、食事が取れないつらさであっても水をこまめに摂取していれば命にかかわる病気にはならないのが通例です。しかし、EV71が原因となることが多いですが、合併症を引き起こした際に、素早く適切な治療・医師の指示があるかどうかが大事なんだろうと思います。

中国で生活したことのないわたしが勝手に想像するだけで恐縮ではありますが、生活されている方々にとっては、普段からすぐに相談できる医師を把握しておくことは、手足口病にかぎらず必要なことなんだろうなと想像します。出張で中国にいくことがありますが、さすがに医療事情まではわからないものです。生牡蠣にあたって食中毒になり大変な想いをしたことがありますが、、、その時は、幸運?にも、帰りのフライトの夜、自宅で発症したので、中国現地で医師にかかることはありませんでした。

 

手足口病の中国語

ちなみに、手足口病を中国語で言うと

shǒu zú kǒu bìng

となります。

漢字は日本語と同じで大丈夫だと思います。

 

我が家の子供たちが今年、手足口病にかからないことを願い、記事を終えます。

 

実際に手足口病にかかり、それが家族にかかり、そして友人関係のもつれまで発展したケースもあります・・・

>>> 手足口病体験1 子供のスイミング教室のプールから感染 1人目

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ